columものづくるこらむ

おすすめフリー写真サイトのご紹介

CONTENTS

  • 01PIXTA
  • 02Shutterstock
  • 03Adobe Stock
  • 04アマナイメージズ
  • 05まとめ

ブログや広告を制作するとき、ほとんどの方が写真を使っていると思います。写真を適当に選んでしまうと、著作権などの権利関係でトラブルに発展することもあります。今回は、そういった権利を気にせずに使える、フリー写真を取り扱うサイトをご紹介します。

PIXTA

PIXTAは、株式会社ソースネクストが運営するストックサービスで、7、660万点以上の素材を扱っています。必要な時に必要な枚数だけ単品購入できる点が好評です。また月額料金プランでは、制限枚数に至らなかった場合、繰り越し機能が使えるので便利です。日本人モデルを使った写真や日本の風景写真など、国内向けに利用できる素材が多い点が特徴です。無料の会員登録をすると、毎週更新されるフリー素材(無料素材)を利用することもできます。

・料金設定
単品購入:Web用Sサイズ ¥550/枚
月額:1、980円/3枚~

https://pixta.jp/
Shutterstock

Shutterstockは2003年に米国で設立されたサービスで、現在、4奥1、500万点を超える画像がストックされています。価格が比較的、安く設定されている点が好評です。素材は海外の人物、風景などが充実しています。また、凝って作り込まれたアーティスティックな写真素材が多い印象で、海外向けに制作物などに向いています。検索画面で対象を絞りにくい、という口コミもあり、使い方には工夫が必要かもしれません。

・料金設定
単品購入:6、600円/5枚 1年間有効
月額:3、850円/10枚~

https://www.shutterstock.com/ja/
Adobe Stock

お馴染みのAdobeが提供するストックサービスです。Adobe Stockには3億点以上の素材が揃っています。その中には50万点以上の無料素材があり、会員登録をすると利用できるようになります。利用料金はドルベースの金額をを日本円に換算しているため、割高になってきている印象はあります。それでも他の海外のサービスと比較すると、日本向けのモデルを使用した作品も多く使いやすいのは確かです。

・料金設定
月額:3、828円/10枚~

https://stock.adobe.com/jp
アマナイメージズ

アマナイメージズは日本の企業が運営するサービスです。独自の審査基準や権利処理のノウハウがあり、サポート体制がしっかりしているのが特徴です。日本人向けに作られたサイトは見やすく、必要な素材を探しやすいのも便利です。特に日本人のイメージ素材は充実していて、医療・教育などのニッチな分野もカバーされています。イメージに合う素材が見つからない場合は、代理撮影のサービスもあります。品質が担保されている分、価格は高めと言えるでしょう。

・料金設定
月額:49、500円~/枚数制限なし

https://amanaimages.com/home.aspx
まとめ

この記事では著作権フリーで利用できる写真素材サイトをご紹介しました。制作物の内容によっていくつかのサイトを使い分けると、他とかぶることなく独自性のある仕上がりになるのではないでしょうか。フリー写真サイトを利用するときは、ぜひ参考にしてください。