columものづくるこらむ

WEBフォントを使うことのメリット・デメリット

CONTENTS

  • 01WEBフォントとは
  • 02WEBフォントを使うメリット
  • 03WEBフォントを使うデメリット
  • 04まとめ

WEBサイトを作る時、重要になってくるのがWEBフォントです。文字の装飾を少し変えるだけで、サイトのバランスが良くなったり悪くなったりするので、読者が読みやすいと思うサイトを作る際には意識したいところです。今回は、そんなWEBフォントの詳細と、利用するメリットとデメリットをご紹介していきます!

WEBフォントとは

WEBフォントとは、どんなデバイスであっても同じフォントが表示される技術のことです。

なぜこのように言うのかというと、昔はそれぞれのパソコンの中にインストールされているものしか使用できなかったからです。それが今では、インターネット上にフォントがあるのでどんなデバイスでも表示できるように進化しました。

自分の画面では指定したフォントが正しく表示されているのに、読者が使っているデバイスによってはそのフォントが表示されないという事態に悩まされないのがWEBフォントです。

インタビュー動画などもおすすめです
WEBフォントを使うメリット

WEBフォントを使うメリットは、なんといってもSEO対策が強化できる点でしょう。

たかが文字の装飾と思っていると閲覧数は伸び悩むことがあります。ですから以前は文字を画像として添付していた人も多くいました。しかし、ここにはある重要な問題が隠れています。Googleなどの検索エンジンが評価するのは画像ではなく文字であるため、どれだけ素敵な画像で文字を装飾してもSEO的に強くなれないのです。

これに対し、WEBフォントは万能です。検索エンジンに文字として認識されるので、SEO対策にもなります。どうせサイトを作るなら見られやすいものにしたいところなので、検索上位に上がる記事となるようWEBフォントを使う価値は大いにあるでしょう。

最近ではスマホを使って安価に撮影もできます
WEBフォントを使うデメリット

WEBフォントを使うデメリットの中でおそらく一番大きなものは、利用料が必要になる場合があることでしょう。有料と聞くとそこでハードルが上がり、たとえ少額であっても手が出せずにいる人は一定数います。

無料のものもありますが、やはり有料のものだとサポートがしっかりしていますし、自分が理想とするWEBサイトに近いものが出来上がります。

まとめ

WEBフォントはSEO対策にもなる便利なツールです。画像と違ってGoogleなどに評価される点は魅力的でしょう。しかし、一方で有料のものもあると理解して使うことが重要です。理想をどこまで追い求めるかが重要なポイントになってくるでしょう。